チャンディダサ往復コース

コース図

 

よく走るコース。チャンディダサまでの往復で約80~90km。途中にどの道を選ぶかで合計が変わります。

 

高低差が少なく、多くを幹線道路を走るので、無理なくそこそこの距離が走れます。

 

KARANGASEM に

 

KARANGASEM に突入。クルンクンは東西の幅が狭いので、ギアニャールからクルンクンを通過してカランガスムまでは、すぐに走り抜ける感じです。

 

ココのポイントには、海際のスペースに屋台が並んでいます。午前中はあまり営業していませんが、昼頃にはそこそこ店が開いていますが、美味しい食べ物はありませんねー カップラーメンが一番美味しいかも。

 

 

PADANGBAI 手前

 

PADANGBAI 手前。

 

パダンバイのフェリー待ちのトラックで渋滞していました。

多くは昼近くまでに渋滞は解消しているようです。

 

 

CANDIDASA の通り

 

CANDIDASA の通り。

 

出発してココまで来るのに、途中でコンビニ立ち寄って、約2時間で到着です。観光客が多すぎず、静かでゆっくりな感じがします。

 

先の空を見ると、かなり曇っていたので、この回はココで折り返しです。

 

 

突然のスコール

 

チャンディダサから数kmで、突然のスコール。

 

ポツポツと雨が落ちてきたら、すぐに雨宿りが出来る場所を探して退避です。運良くすぐに見つかり、ほとんど濡れることなく雨宿りができました。

 

ザバーと降って、10分ぐらいで雨が止みました。水をハネないように、ゆっくりと濡れた道路を走り始めます。

 

 

スコールから、1KM程度の離れた場所

 

スコールから、1KM程度の離れた場所。さっきのスコールがまるで嘘のように道路が乾いていました。さっきのスコールは、局地的豪雨?

 

 

パンク修理中

 

パンク修理中www やられたwww

 

クルンクンの町中を通過してすぐ。

 

年々パンクする機会が増えてるなー

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

関連記事


[ 2017/06/26 10:48 ] 旅行 自転車とバイク | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する