PURA TAMAN AYUN → JL.PERANG LUKLUK - DARMASABA

JL.GUSTI NGURAH RAI JL.GUSTI NGURAH RAI

タマン・アユンから帰路につきます。もちろん帰り道はきた道とは違う道を。

 

バイパスを走って早々にかる予定でしたが、あまりにも車が多く、バンバンと横を過ぎるので、脇道に入ります。

 

JL.PENARUNGA - ANGGUNGAN JL.PENARUNGA - ANGGUNGAN

名も無き田舎道で、休憩。

 

日本でサイクリングすると、どこにでも休憩できそうな場所があるんですが、街中ではほとんど無いです。まぁ、無理やりその辺で休憩、ってのは出来るんですが、あんまりにもひと目があり過ぎまね。お店に入ってジュースなんか飲んで休憩すれば良いんでしょうが・・・。

 

JL.PENARUNGA - ANGGUNGAN JL.PENARUNGA - ANGGUNGAN

でも田舎、それも田んぼの中を走る道だと、農作業用の公営休憩小屋らしきものがあります。そこは誰彼なく自由に使える上に、見渡す限り田んぼばかりといった景観もタダです! ただしお店はないので、飲み物や食べ物は持参しましょう。

 

JL.PERANG LUKLUK - DARMASABA JL.PERANG LUKLUK - DARMASABA

「この道、近道だよ!」

って地図を見ながらディが提案した道。失敗でした ーー; 確かに近道なんだけど、未舗装の道。石はゴツゴツあちこちにあるし、タイヤは細いし、パンクするんじゃないかとひやひや。そして最大の心配は、尻の皮がむけるんじゃなかろうか?

 

ディは厚手のサドルカバー付けてるけど、わたしはノーマルサドルのまま。もちろん、こんな道なんて走るつもりは全くなかったし。

 

まっ、どうにか尻の皮がむけることはなかったけどね。でも、かなり尻の皮が薄くなったと思う・・・。

関連記事


[ 2013/10/30 11:09 ] 旅行 自転車とバイク | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://newlifeinbali.blog.fc2.com/tb.php/2507-f22ed34b