蒸留実験

実験装置全容

わざわざこれするのにかなり探して買ってきた品々。 三角フラスコにアルコールランプ。ゴム栓がなくてハンカチを使って栓です。

 

これ、蒸留実験

 

何を蒸留するのか?

 

サラッから作ったワインもどきを蒸留してみました。

 

 

温度計 アルコール・ランプとフラスコ

さすがアルコールランプ。温度が上昇するのにかなり時間が掛かります。

 

75度くらいからビニールパイプを使って濃縮された? アルコールが出てき始めます。更に加熱していくと滴るアルコールの量も増えてきます。80度を過ぎたところで温度上昇が止まります。この辺りの温度でアルコールが盛んに沸騰して出てるんじゃないかと思うんだけど、どうでしょう? そしてしばらくすると、温度が再び上昇し始めます。この時点でアルコール分がなくなったと判断し、加熱を終了。

 

さて、抽出された(?)液体は??

 

写真は撮り忘れました。液体は少し白くにごり、かなりきついアルコール臭がします。サラッの甘い香りもありますが、蒸留したての臭い、ゴム臭のほうがきついです。この液体を瓶詰めにしてしばらくおくと、濁りは消えて無色透明になりました。ゴム臭も時間とともに少なくなり、サラッの甘い匂いがよく分かるようになってきます。あっ、加熱してフラスコの中に残った液体、ただの甘い汁ってな感じでした。

 

しかし・・・。

 

ロスが大きいですね。約500ccから50cc程度しか抽出できないし、加熱するお金がかかる ーー; そう考えると、アルコールって、高価なものなんですねぇ・・・。

 

蒸留実験、今回で止めるかもしれません。

関連記事


[ 2013/09/23 11:00 ] | TB(0) | CM(7)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/09/23 18:51 ] [ 編集 ]

おおそうですか。

ブドウ、サラック以外には何がいけるかな?
リンゴ、梨は高いです…

でもやっぱりサラックがいいかなあ。
あまーいのをチビチビがいいですね。
[ 2013/09/25 00:08 ] [ 編集 ]

そうなんです。

>メメニャソラ さん

ほんと、最近果物が季節時期の2倍くらいの値段になってますよねぇ。

近所の木になっている若いマンゴを使って作ったら、面白いのが作れるんじゃないかって思ってます。が、すぐにルジャになって消えてるんですよねぇ・・・。

[ 2013/09/25 11:24 ] [ 編集 ]

ほほほ~

マンゴーも!?

マンゴーには心当たりがあるので、
(というか管理している貸し家の庭のマンゴーの木は
 食べきれないくらい実をつけるらしい。
 しかもあんまり甘くならないのでさらに食べきれないらしい。)

庭の美化の為にも、せっせと実を取ろうと思います。
高枝切りバサミってないのかなあ…
[ 2013/09/26 19:08 ] [ 編集 ]

試してみませんか?

>メメニャソラ さん

まだ試してないけど、マンゴーからでも出来ると思いますよ。食べきれなくて捨てるのなら、「タダ」で下さい!

高枝切りバサミでなく、割竹で収穫できるかと・・・(まるっきりのローカル方法ですね ーー;)

[ 2013/09/26 20:31 ] [ 編集 ]

では、つっつきますね。

話によると、毎年落ちた実を放っておくと虫が来るので
なんとかせねばいかん、とのことなので
今年はつっつきまくります!

落下してキズがついていても大丈夫ですよね?
[ 2013/09/28 01:20 ] [ 編集 ]

はい

>メメニャソラ さん

なるほど。取れば取るだけ、害虫予防になるんですね!

少々の傷はどうにかなると思いますが、なるべく傷なしで。傷があると傷みやすいからね。
[ 2013/09/28 21:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://newlifeinbali.blog.fc2.com/tb.php/2489-531252f9