BUBUR PECEL KHAS GIANYAR で食べてみた

BUBUR PECEL KHAS GIANYAR で食べてみた

ブブル(おかゆ)にギアニャール独自の味があると始めて知りました。この看板を読んでディも驚いて笑っていたくらいだから、そんな味付けってないんだろうと思います。

 

BUBUR PECEL KHAS GIANYAR で食べてみた

さてこの店、AYAM BAKAR のある店なんですが、なぜかこんな看板があるんですよね。

 

鶏は注文してから店先で炭火で焼いてくれます。もちろん強制換気しながら強火で焼くから、道行く人はその煙にいぶされることに?

 

魚は別として肉類は、焼く前に一度煮られている場合が多いですが、この店も煮たものを炭火で焼いています。

 

BUBUR PECEL KHAS GIANYAR で食べてみた RP.10,000- BUBUR PECEL KHAS GIANYAR で食べてみた

これで RP.10,000- 。ちょっと物足りませんが、まぁこんなものかな? スプーンもフォークも出てこないので手で食べます。

 

お肉が煮られているのでものすごく柔らかく、お肉に甘い味付けがされているのでそのまま食べもいいかも。サンバル・ソースは辛さ強めでですが、甘味もあって良い感じです。しかしサンバル・マタはいまいちでした --;

 

揚げ物も良いですが、焼き物はもっと良いですよねぇ~?

関連記事


[ 2012/05/27 15:15 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://newlifeinbali.blog.fc2.com/tb.php/2324-b8cf399d