自転車でシンガラジャへ

    バイパス・クテウェル

    朝6時半。アメッドに向けて、出発です。バイパスを走って先を急ぎます。

     

     

    チャンディ・ダサまで チャンディ・ダサまで

    2時間後。パダン・バイを過ぎて、チャンディ・ダサへ向けての途中。緑の雰因気が変わってきました。緑は綺麗ですが、川の水はそれほどでもなし。

     

     

    チャンディ・ダサまで

    ポツポツと小雨が。空模様が気になります。雨が降ったらそこで中止の予定。

     

     

    チャンディ・ダサ・ビーチ

    どうにかチャンディ・ダサまで。かなり開発が進んで、昔の面影あまりないく、初めて来た感じ。

     

     

    猿峠? 猿峠?

    出発から3時間、9時半頃。カランガスムまでにあるそこそこ長い上り坂を登り切ったところ。野生猿が見れるポイント。

     

     

    アラムプラに入ります 壁画

    峠を下ればアラムプラに。更に進んで、壁画のある交差点を右に曲がります。この壁画は昔からあった気がするけど、どうでしょう?

     

     

    アメッドに向かって アメッドに向かって

    アメッドに向けて延々と登ります。田園の風景は良いです。この辺りを自転車で走れるツアーがあるようですよ。

     

     

    アメッドに向かって

    延々と登り続けた峠を過ぎると、急勾配な坂を下ります。バリの道は突然穴が開いてたりと罠が一杯なので、下り坂はゆっくり走ったほうが良いと思います。

     

     

    アメッドを過ぎて アメッドを過ぎて

    当初の計画ではここら辺りが終点でした。思ったより早く着いたのと、迎えの車が追いついてこなかったので、先を目指すことに。シンガラジャに向けて再出発です。

     

     

    シンガラジャに向かう

    道にはみ出している大木。道は迂回せずに、道を削ってまっすぐ作られています。もちろん車一台分のスペースはなし。

     

     

    シンガラジャに向かう

    アメッドからシンガラジャまでの間は登ったり下ったりはあるもののそこそこ楽に走れます。便利なミニマーケット(コンビニ)はないので、ワルンで買い物です。

     

     

    シンガラジャに向かう

    日陰は貴重です。日陰で休んでると、やっと送迎車? が追い付いてきました。まだまだ走れるので、シンガラジャまでこのまま走ることに。

     

     

    イェ・サニー前で イェ・サニー前で

    シンガラジャ10数キロ前のイェ・サニー付近で遅めの昼食です。疲れすぎているのかあまり空腹感はありません。15時ごろでした。

     

     

    シンガラジャ市街へ シンガラジャ市街へ

    十分休憩してイェ・サニーを出発。シンガラジャ市街地へ突入。16時過ぎ、パサールを過ぎたところで終了です。

     

     

    154km

    いままでで一番遠くまで走りました。

     

    約154km。

     

    6時半から16時過ぎの、約10時間。

    関連記事


    [ 2014/08/16 11:03 ] 旅行 自転車とバイク | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newlifeinbali.blog.fc2.com/tb.php/2550-f59716e7