一番目のフォン

    一番フォンつくり

    作るのに時間が掛かるから、なかなかやるにやらなかったフォン。時間のほかにも原価が掛かりすぎるのもネックだったんですが、思ったよりも牛肉が手に入ることになったので、思い切ってやってみることに。

     

    今回使った牛肉は、牛肉を使ってラワールを作っているカデちんの従姉弟の紹介の牛肉屋から購入しました。サムサム(ばら肉の部位)が RP.50,000-/kg ですから、結構お安い。筋肉だとRP.25,000-/kg 程度から買えるし、ステーキ用の肉もばら肉より少し高めで買えるようです。

     

    ただト殺から時間が経っていない(保管せずト殺したその日に捌いて売るから)ので、販売する肉は熟成していないので、とっても肉肉しく歯ごたえが抜群なのです --;

     

    一番フォンつくり 材料はこんな感じ。

    初めて作るので、子牛の骨なんか使わず、普通に肉でスープをとります。もちろんオーブンはないので、フライパンで肉を焼き、野菜を炒めて香りを出して合わせ、背の高い鍋で煮込みます。
    一番フォンつくり 煮込んでいる途中。

    どんどん煮込んでいくとスープが減ってくるので、水を追加しながら煮込んでいきます。

    この辺りから、台所だけじゃなく家中に、いや、表まで良い匂いが漂い始めます。
    一番フォンつくり 煮込み終わり。

    かなり煮詰まりました。煮詰まりすぎて、これでスープが取れるのか? って感じです。

    肉がかなり煮こまれてばらばらです。

    一番フォンつくり

    煮込み始めて10時間。いつも帰る時間に帰れなかったカデちん、空いた時間を使って入浴済みです。そして風呂上りにスープを漉します。

     

    スープを漉しながら、

     

    「ん~、美味しそう~!」

     

    って、最近のカデちん、食い意地が張ってます --;

     

    絶対スープの匂いばんばんで帰宅したはず・・・。

     

    一番フォンつくり これ、漉したスープの残り。

    やっぱり肉は溶けないんだなぁ。それに原型が残ってないし・・・。

    かなり勿体無い --;

    一番フォンつくり

    一番フォンの出来上り!

     

    アクは取り取り煮ていましたが、脂はかなり適当に取ってたから、結構脂浮いています。

     

    さて問題は、スープを煮出したガラをどうするか・・・。捨てるのは勿体無いからなぁ。

    関連記事


    [ 2012/05/29 14:12 ] | TB(0) | CM(2)

    これって、フォンドボー?

    スゴイ!

    チャレンジャーですね!

    成功を祈る!

    あ!ワインの完成も待ってますよぉ~(*^_^*)
    [ 2012/05/29 22:55 ] [ 編集 ]

    フォン・ド・ブフ

    >お気楽妻 さん

    になるのかなぁ? ブフが成牛、ボーが子牛の意味みたいで、今回は成牛の肉を使って作ってみました。

    ワインですか --; なかなか難しいんですよ・・・。
    [ 2012/05/30 12:56 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newlifeinbali.blog.fc2.com/tb.php/2329-aedd1666