カデちん、買ってきた魚を捌く! ツナ編

    捌く

    買ってきた魚はこんな感じ。でかいのはツナで4KGちょいの大きさ。どうしても買いたかったのは、20KG程度のツナだったんだとか・・・。そんなの買ってきたら、毎日ツナになっちゃうよ、我が家の晩飯?

     

    あとは、カカップ(タイらしい)とくちばしのあるダツ。

     

    捌く

    イカ。チュミ・コタッと呼ばれる種類のイカですが、日本ではなって名前なんでしょうかね? 気を利かせて、小さめのを買ってきたカデちんですが、こいつの大きいやつは肉厚が厚くて、焼いて食べたりすると旨いです。こんなに小さいやつを食べるのははじめてかも?

     

    と魚を探しつつカデちんが、

     

    「あっ! エビがない!」

     

    「え~!!」

     

    「忘れてきた??」

     

    なんてみんなで大騒ぎしましたが、伝票にも書かれてないので、たんなる買い忘れのようです。

     

    捌く 捌く

    小さな魚で練習を重ねてきたカデちん、4KGちょいのツナを捌きます。この大きさのやつでも、我が家のまな板からはみ出す大きさ・・・。包丁は普通のステンレス包丁・・・。出刃包丁が欲しいところ。

     

    捌く 捌く

    まず頭を落とし、内臓を取り出します。続いて三枚に下ろします。結構骨に身が付いているけど、気にしない~、気にしない~。

     

    そうそう、パサールで、

     

    お店の人「うろことか内臓とかどうします?」

    カデちん「きれいにして下さい。あっ、頭もいりません!」

    お店の人「えっ!? 頭いらないの? 頭も料理に使えるのよ?」

    カデちん「えっ? 頭って食べるところあるんですか?」

    お店の人「食べれるよ~。頭捨てたら、勿体無いよ~」

    カデちん「ん~、じゃ、頭はそのままで」

     

    ってなことがあったそうです。もし頭を切り落として買ってきたら・・・、

    もちろん、わたしから雷が落ちます --;

     

    捌く

    三枚に下ろしたやつを更に血合い骨(で良いのかな?)を落とすように切り分けて2ブロックに。後は適当な大きさに切り分けて、ビニール袋に入れてすぐさま冷凍保存!

     

    この綺麗に切り分けた身だけを食べると、とっても高価な食材になるツナ。この身の部分だけでもとの約40%ちょいの重さですからね。ってことで、アラもしっかりと使います。

     

    続く。

    関連記事


    [ 2011/12/04 11:12 ] | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newlifeinbali.blog.fc2.com/tb.php/2100-96500295